【FX】私ほど負け続けた人を知らない【セシル】

トレード勉強方法

こんにちは セシル( @cesil_fx )です

本日は私ほど負け続けた人を知らないというテーマで書きます

負け金額?負け期間?

今回の話は負け期間です
株も含めれば14年間も負け続けたのですから
今日のブログは雑感です

ひたすら負け続ける日々

始めてトレードしたのは株でした

ビギナーズラック2週間で40万が60万になり

こんな面白いものが世の中にあったのかとすぐにのめり込みました

しかし勝てたのはそのビギナーズラックのみ

時々は勝てますが年間で勝ち越したことは14年間ありませんでした・・

負け続けた14年間の後悔

元々ハマり症のある私はお金も時間もほとんどトレードに注ぎ込みました

お風呂の中でも移動中でもトレード本を読みあさりアンダーラインも引きまくり

何がなんでもこのゲームを攻略したかったのです

正直今まで殆どのものは攻略してきました

勉強すればググれば大体のものは解決攻略成功できたのです

でもこのトレードというゲームだけは攻略できない

なぜ勝てないという思いだけはつのっていく日々

失った14年間とお金はもう元には戻らない

株もFXもやらなければ良かった

知らなければ良かった

(正直今でもそう思ってます)



私より負け続けた人いますか?|ω·`)

私より負け続けた人っているのかな?正直そういないと思います

恐らく金額ベースでみれば私より負けている人は多いと思いますが

14年間も負け続けてトレード続けたアホは私くらいではないかと

同時期にトレードを始めた人は皆2~3年で辞めていきました

(勝てるわけないと)

その頃私は既にギャンブル中毒になっていたのだと今では思います

関連記事:ギャンブル依存症に注意 依存症になるとFXは絶対に勝てません 治しましょう

勝てるようになるまでやっただけ

今こうしてTwitterで発信している私ですが

勝てるようになるまでやっただけのことです

ただそれはあるきっかけがあったのであって

もしそれが無ければ死ぬまで負けトレードをしていたかもしれません

関連記事:FXもう やめたいと思った時、最後に試して欲しいこと

Twitterでの発信

Twitterでの発信も単なる気まぐれでした

なんとなく負けてきた過去

過去の自分に伝えたいメッセージをツイートしていて

最初は1000人フォロワーさんがついたら嬉しいなくらいに思っていたのですが

気がつけばフォロワーさんが2万人を超えていました

恐らく私が経験してきた道はみんな経験してきているのでしょう

それが共感を呼んでここまでのアカウントになったのかなと思います



引き返せるなら引き返したほうがいい

正直トレードを始めて2~3年の人

引き返せるなら引き返したほうが幸せだと思います

失ったお金は働けば取り戻せますが時間は返ってきません

ただ勝てるようになるまでやる!という決意の方には

私のブログやツイートが少しでもお役にたてればこれほど嬉しいことはありません

ちなみに私は億トレーダーでもなんでもありませんので

そこは誤解のなきようお願いします<(_ _)>

最後に

最後に私がトレードを始めた頃にこの本を読んでいたら

あんなに無駄な時間を過ごすことがなかったのにという本を一冊紹介させてください

負け続けているトレーダーには数万円の価値はあると思います

少し中身を紹介

勉強すればするほど負ける投資の謎

しかし、その頃読んだ本は「ミーハー投資本」と呼ぶ種類のゴミにしかならない本だったことに、当時の愚かな私は気づいていなかった

多くの相場師、トップトレーダーが言うように「努力する」初心者投資家が通る道は、ほんんど判で押したように同じである。

私の通った道は、努力する初心者投資家の王道であった。

「誤った努力、間違った勉強」であり「その手の本を読むと、投資家の成績は余計悪くなる」と昔から相場で言われてるのだが、むろん当時の私はそんなこと知らないから、言われているとおりに成績はきっちりと悪くなった。

初心者トレーダーは、誰もが、「仕掛けの手法」や「システム」あるいは「良い銘柄選び」こそが聖杯だと考える。
それも「聖杯」である以上は、誰にも知られていない秘密の手法なのだと信じている、まるで光り輝く宝玉、聖なる杯のように

真実は「よく考えれば、当然のことなのに」ほとんど誰も気が付かない意外なところにあるものだ

では本日はこのへんで

FX口座は最低2つは持とう資金別、手法別にセシルがおすすめするFX証券口座

【FX】セシル脳心理学FXトレーダーがおすすめするトレード本 番外編あり【メンタル】

フォロワーさん2000人超えました。
セシルのnote

詳細は画像をクリック↓