【目減り】貯金は安全?インフレリスクを考えてますか?投資を始めよう【株かFXか】

FX口座

やっぱり貯金が一番安全だよね

ちょっと待ってください。貯金にもインフレリスクというものがあるんですよ

え?どちら様ですか・・・?

申し遅れました。Twitterフォロワー2.5万人の投資家セシルと申します
本日は私と一緒に投資の勉強をしていきましょう

貯金のインフレリスク

日本人は貯金が大好きな人種そして投資というものを嫌う傾向にあります

はたして貯金は安全なのでしょうか?

結論から言えば一年の生活費分貯金があれば充分です。

残りは投資に回しましょう

なぜ投資に回さないといけないのか?

貯金にはインフレリスクがあるからです。

例を持って説明しますと20年前ラーメン一杯の価格は約450円でした

そして2021年現在は約850円 20年で1.9倍に

当時100万円の貯金があったとすれば現在では52万円の価値しかないことになります

もちろん20年の間に価格が下がった物もあります(TVとか家電関係)

しかし車、バイク、食料品色々なものが実質値上げされています

そこに社会保障費増の追い打ち

もはや貯金をしているだけというのはリスクでしかないのです

いまこそ株投資を始めよう

銀行の定期預金金利はスーパー定期で0.002%しかありません

しかし株の中には2%の配当を超える銘柄がたくさんあります(なんと定期預金の1000倍です)

なぜ、ほとんどの人が株式投資をしないのでしょうか?

答えは簡単。幼い頃から貯金は美徳、投資は危険と教え込まれているからです(洗脳)

そして冷静に考えても投資商品には値下がりリスクがあるからです。ここは否定しません

配当をもらいながら値上がりをじっくり待つ

株式投資の本質は配当をもらいながら値上がりをじっくり待つことです

ここを多くの人は勘違いしていますし私自身も気づくまでに時間がかかりました

例えば300万投資して年利2%の配当をいただく 

配当は年間6万になりますね

ここで普通の人は6万円以上含み損が出たら逆に損してるじゃないかと考えます

投資家の考え方は違います

10年で60万の配当 20年で120万 30年で180万

長期で見てこれ以上含み損がでなければプラスと考えます

目先の利益や損失に一喜一憂しないのです

>>auカブコム証券とFX口座同時開設はこちら

※最大50,000円プレゼント実地中

不動産投資に例えてみよう

まだ分かりにくいかもしれませんね

では不動産投資に例えてみましょう

800万円で中古戸建て住宅を買い200万円でリフォーム 

トータル1000万円の物件です

これを月5万円の家賃で貸し出します

(戸建て物件なら充分実現可能な家賃です)

1000万の投資に対し家賃収入は60万

利回りは6%

固定資産税、修繕予定費を除いても4%

(年40万は残ります)

ここで大事なのは物件の値下がりリスクを一喜一憂で考えますか?ということです

大事なのは手元に残り続ける年40万円であって物件を売ることはそうそう考えないでしょう

株も同じです手元に残る配当が大事なのであって株式自体の値下がりは気にしないことです

有名な株式投資家の桐谷さんも同じ考え方ですね

恩株の作り方

恩株とはコストゼロの持ち株のことです

倍に値上がりしたときには持ち株の半分を利食い

そうすれば残りの持ち株はタダで手に入れたコストゼロの株となります

コストゼロですから暴落しても痛くも痒くもありません

なんなら利食いした資金で下で買い直せば株数は増え配当も増えます

こうして恩株を増やしていきながら資産形成していくのです

とりあえず証券口座は開設しておこう

長年相場を見ていて思うのはとりあえず証券口座は開設しておこうということです

コロナショック時やビットコインバブルのときは多くの人が投資に注目したものですが

口座開設者が殺到してしまい口座開設までかなり時間がかかったり

新規申込者受付停止という自体になってしまいました

口座開設が完了した頃には千載一遇のチャンスが終了している場合が多々あるのです

これでは人生に3回は公平に来るという金儲けのチャンスは掴めません

>>auカブコム証券とFX口座同時開設はこちら

※最大50,000円プレゼント実地中

倒産の可能性の低い銘柄を暴落時に仕込む

注意説明
この記事を元にトレードした損失などには一切保証しかねます あくまでも考え方の一つとして自己責任でトレードしてください

さて無事に口座開設された投資家の皆様

株はほぼ確実に儲ける方法が2種類あります

1つは倒産の可能性が限りなく低い高配当銘柄を暴落時に仕込むことです

例えばずっと増配を続けている銘柄で花王(株)があります

配当利回りは2.44%

こういう銘柄を暴落時にコツコツ買っていけば必然的に利益が出やすいでしょう

もう一つの方法ドルコスト平均法で勝つ

ドルコスト平均法とは毎月一定金額で株式を買い付ける手法のことです

株価が高いときは取得株数が少なく 安いときには取得株数が多くなり結果として平均価格で株を保有

下がり続ける株はありませんから(倒産以外)どこかで上昇に転じれば利確することができるでしょう

こちらは定期預金の感覚で投資ができます

AUカブコム証券にはプレミアム積立という株式も投信も少額から始められるサービスがありますのでこの手法にぴったりですね

FX投資

投資に代表されるのは株とFXですね

どちらかというとFXのほうがよりギャンブルに近い印象があり事実そうだと思います

ただFXには株に比べて最大のメリットがあります

それは倒産リスクがないということ

私は過去低位株の一発逆転を夢見て倒産(株紙くず)になったことが数回あります

また一見優良そうな銘柄でもある日いきなり倒産ということもあります(エルピーダメモリがそうでした)

なので投資初心者が外貨預金のつもりでFX口座を利用するのはとてもメリットがあること

まず外貨預金に比べ手数料が段違いに低い(ほぼゼロ円手数料です)

円高のときにドルを買い円安で売る

もしくは円安でドルを売り円高のときに買い戻す

ほとんどの人は資金に対しレバレッジを掛けすぎてるから資金を失ってしまいます

レバレッジ2倍程度であれば資金を失うリスクはほぼ無いと考えていいでしょう

こう考えればFXも立派な金融商品です

>>auカブコム証券とFX口座同時開設はこちら

※最大50,000円プレゼント実地中

まとめ

貯金はインフレリスクで目減りする

株式投資を始めて配当をもらいながら値上がりを待とう(目先の上げ下げに一喜一憂しない)

FXは外貨預金としてならとても優秀な商品である

いつでも投資が可能なように口座の開設だけはしておきましょう

それでは今日はこのへんで

フォロワーさん2000人超えました。
セシルのnote

詳細は画像をクリック↓