【FX】手法の検証は1000通貨でしないといけない理由【資金管理】

FX 手法

こんにちは セシル( @cesil_fx )です

本日は手法の検証は最低ロットでしないといけないというテーマで書きます

検証は1000通貨で?

そうです 
手法が機能するかどうかは最低ロットで検証しないと分かりません

先日こんなツイートをしました

新しい手法を試したい時には最低ロットで検証
それで試行回数が増えトータルで勝てるかどうかの結果が分かる
メンタルが安定しているのでルールも守りやすい
それで何回も繰り返して機能するなと判断したら徐々にロットを上げていく
1度や2度試しただけでは機能するかは分かりません

手法の検証は1000通貨でしなければいけない理由

これは私自身がしてきた過ちでもあるのですが

手法を試す時に比較的大きいロットで検証してしまう 

例 資金20万円でエントリーは1枚とか

これは完璧にダメなパターンです

なぜダメなのか

それは試行回数(トレード回数)が稼げないから

手法を検証している段階で数百万の資金を運用している人は少ないはずです

大体の人は10万~30万程度で試しているはず

1枚単位でエントリーしているならば検証回数は満足のいく回数になりません

試行回数が増えないと検証効果が得られない

たまたま数回連続で勝ったのでこの手法は機能するな

はたまた数回連続で負けたのでこの手法はダメだ

これでは確率の収束を得られず単なる偶然の結果に期待してしまうことになります

トレードとは試行回数を増やした結果、期待値で勝つゲーム

期待値については下記に詳しく書いていますのでご覧になってください

関連記事:期待値理論を簡単に説明してみる

デモトレードでの検証

もちろんデモでの検証でも構いません

ただデモトレードには感情が入りにくいというデメリットがあります

デモトレードでは勝てたのに実践では勝てないというのはメンタルの部分でしょう

なので多少でもメンタルに影響がある1000通貨での検証がベター

デモで検証OK→1000通貨での実践検証

この流れが一番良いです



手法の検証は100回はしよう

FXの手法はたくさんあって色々試されていると思いますが

少し試しただけでこれはダメ 

あれもダメとやるのではなく

デモで良いですから最低100回は検証しましょう

ここで大事なポイントは損切幅は最低50pipsは取る

10pipsとかの浅い損切りでは相場のノイズに狩られてどの手法も機能しません(実体験)

この浅い損切りをルールに取り入れてしまい

実際お宝手法をこのルールで見逃している可能性があります

というかほとんどの人がこの罠にハマっています

勝てる手法は自分だけのもの

まず手法というものはこれが正解であるというものはないという前提で聞いてください

人によっては機能するし

人によっては機能しない場合もある

それはなぜか

自分の性格にあっている手法かどうか

実はここが手法の一番のポイント

関連記事:勝てる手法の作り方

資金管理を行った上での検証を

私自身数え切れないくらいの手法の検証をしてきましたが

今思えば資金管理さえ出来ていればどの手法もそれなりに機能していたなと思います

逆に言えば資金管理が出来ていないとどの手法も機能しません

ここはすごく大事なポイントですので必ず押さえておいてください

でないと機会損失半端ないです(´·ω·`)

下記の記事はとても大切なことなので必ず読んでください

関連記事:手法の研究にあまり意味はないです。資金管理のほうが大事

まとめ

手法の検証は最低100回はしよう

デモで試してOKなら最低ロットで検証

資金管理を押さえておかないと手法は機能しない

自分の性格にあっている手法を見つけ出そう

以上です

それでは今日はこのへんで

【FX】セシル脳心理学FXトレーダーがおすすめするトレード本 番外編あり【メンタル】

【FX】外為ジャパン 勝てるトレーダーになりたいならこの口座一択【1000通貨】