FXトレードで適正なポジション数量とは【気になる】  

FXメンタル

こんにちは セシル( @cesil_fx )です

本日はFXトレードで適正なポジション数量とはというテーマで書きます

適正なポジション数量?

今回のポジション数量とはメンタル部分での意味です

先日こんなツイートをしました

どの程度のポジション量が適正か
何をしててもポジションが気になる→論外
ふとした時にポジションが気になる→適正
これが大事と思います
人によってお金の器は違いますので答えは自分の心にあります

FXトレードで適正なポジション数量

今回説明するのは資金管理とは別の意味

人はキャパシティ以上の恐怖を感じると身体が動かなくなります

逆にキャパ内であれば身体は自由に動きます

常にポジションが気になってしょうがない

これはポジション数が多すぎます

急落した時に冷静な判断は難しいでしょう

逆にふとした瞬間にポジションを思い出すくらいであれば適正です

ここは個人差がありますので自分のお金の器にあったポジションにしましょうという意味です

関連記事:お金の器の大きさは人によって違います 自分にあったトレードをしましょう

夢でもトレードが出てくる

実体験ですが夢の中でもトレードが出てきたらかなり重症

損失が出ている状態で急反発して利益になった・・( ゚д゚)ハッ!夢だった

そしてチャートを確認したら含み損のまま

あるあるだと思います(笑)

ポジション数量は大きい方が勝てるという間違い

ポジション数量は大きいほうが大きく勝てますが

負けるときも当然大きいです

大事なのはトータルで勝てるかどうか

ポジション数が少なくてメンタルが安定してトレードできるのであれば

トレード回数を増やす

資金回転率を上げれば大きいポジションに負けない利益を上げることが出来ます

そしてコツコツドカンも少なくなる

関連記事:コツコツドカンになるのは大きいロットでコツコツ取ろうとするからです



気にならないポジションでも資金管理は必要

いや私はどんなポジションを持ってても気にならないよ

中にはこんな破天荒な人もいるかもしれません

でも勝てないんだよね・・・

この場合はきちんと資金管理が出来ていないということ

こういうメンタルの持ち主は資金管理が出来た途端勝ちトレーダーになる可能性が強いです

関連記事:手法の研究にあまり意味はないです。資金管理のほうが大事

まとめ

何をしてても気にならないポジション量でトレードが安定成績を生む

夢にまでトレードが出てきたら重症

気にならないポジション量まで落とす

資金回転率をあげれば大ロットに負けない利益を出すことも可能

以上です

では本日はこのへんで

【セシルFX】勝てるトレーダーになりたいなら1000通貨口座一択【資金管理だけで勝つ】

【FX】セシル脳心理学FXトレーダーがおすすめするトレード本 番外編あり【メンタル】

フォロワーさん2000人超えました。
セシルのnote

詳細は画像をクリック↓