【FX】ポジポジ病を克服する方法 たったこれだけ

相場心理

こんにちは セシル( @cesil_fx )です

本日はポジポジ病を克服する方法 たったこれだけというテーマで書きます

ポジポジ病が治らない

ポジポジ病を克服するのは簡単です
あることをするだけ

先日こんなツイートをしました

ポジポジ病はロングでもショートでも取ろうとしている事が原因だと思う
目線を固定してロングがショートで決めてしまえばポジポジ病は治りますし往復ビンタも防げます
私の場合はそうでした

ポジポジ病を克服する方法

ポジポジ病を克服する特効薬はロングで取るかショートで取るか目線を固定してしまうことです

チャートは常に動いていますからロングショートどちらでも取れる気になってしまいますが

これがポジポジ病の基本原因

特にスキャルピング手法などはこの状態に陥りやすいです

目線の固定の重要性を知りたい方は下記の記事を御覧ください

関連記事:目線の固定をしてFXの勝率をあげよう

必ずどちらかの方向に動いている

チャートは短期足で見れば必ずどちらかの方向に動いています

ショート目線の状態なのにロングでも取ろうとすれば含み損のポジションが増えていくだけ

きちんとラインを引いて目線を固定してロングで取るかショートで取るかを必ず決めましょう



条件反射

チャートをずっと見ていると条件反射でポジションを取りやすくなります

これは猫じゃらしに反応している猫のようなもので短期足でみればみるほどこの反射が強くなる

なので長期足から見て方向性を確認するのが大事です

日足→4時間足→60分足→15分足という具合に

ちなみにこれは私のスマホのチャート画面の表示(ヒロセ通商 LION FX)

1画面で全て確認できるのですごく重宝しています

ヒロセ通商【LION FX】

ちなみにこのチャートで見た場合ショート目線一択ですね

あえてポジポジ病を克服しないというのもあり

ここまではポジポジ病を克服する方法を紹介してきましたが

それでもポジポジ病を克服できないんだ!という方はポジポジ病ありきの手法にするのが良いです

短所を長所に変える

自分の性格に合ったトレード手法という考え方も大事

そう思われた方は下記の記事を御覧ください

関連記事:ポジポジ病は克服する必要はない?短所を長所に変えよう

まとめ

ポジポジ病を克服するには目線の固定

ロング・ショート両方で取ろうとしない

それでも克服できないならポジポジ病ありきの手法に変える

以上です

では本日はこのへんで

【FX】セシル脳心理学FXトレーダーがおすすめするトレード本 番外編あり【メンタル】

FX口座は最低2つは持とう資金別、手法別にセシルがおすすめするFX証券口座