【FX】負け続ける人の特徴をズバリ解説【頭が良すぎる】

FXメンタル

こんにちは Twitterフォロワー2.5万人の投資家セシル( @cesil_fx )です

FXで負け続ける人の特徴ってあるのかな?

負ける人の特徴はずばり頭が良すぎる人です。本日はそこを解説していきますね

先日こんなツイートをしました

負け続ける人の特長は
頭が良すぎる(法則性を探す)
勉強家(教科書通りのトレード)
感情的になりやすい(人間的)
完璧主義(負けを認められない)
だと思います
過去の自分の修正から始めないとけませんね

FXで負ける人の特徴はずばり頭が良すぎる人

これは経験上なのですがFXで延々と負け続ける人の特徴は頭が良すぎる人です

頭が良すぎる人は延々と法則性を探す傾向に

チャート分析にのめり込みすぎるといい変えたほうが良いかもしれません

インジケーターを色々試してオシレーターもありとあらゆる試す

そうどこかにそれは(聖杯)はあるはずだと信じて

 

世界中の優秀な数学者が探してそれはなかったのですから確実にないはずなのですが

FXの世界ではなぜかそれは自分なら見つけられると信じて沼にハマる人が後を立ちません

実は今まで話していたことこれは私自身の経験でもあります(泣)

このインジケーターをこれを組み合わせればいけるんじゃないか?

というようなことを延々と繰り返していました

法則性を求め続ける最大のデメリットは資金管理というトレーダーの大切な土台に気が付きにくくなることです

【FX】手法の研究にあまり意味はないです。資金管理のほうが大事【資金管理で勝つ】

確実な法則性は1つだけ


私は累計1万時間チャートを見続けましたが最終的に出した結論は明確な法則性は無いという事実でした

ただ普遍の法則性は見つけました。それは・・・

上がったものは下がる、下がったものは上がる

そうでないと値を保つことは出来ないからです。

毎日50pips下がるとする。

このまま延々と下がり続けるんじゃないかと錯覚してしまいますが

ドル円が現在114円つけているならば50pipsペースで下がり続ければ1年後には0円になってしまいます

ですから下がり続けるというのは錯覚であり妄想です

ロットを落とせば冷静に見れますが

大きいロットでトレードしているとこのポイントに中々気が付かないものです

【FX】ポジションを持ち続けると大切なことが分かります【逆行】

勉強家(教科書どおりのトレードをする人)

FXを独学で始めて最初のうちは勝てる人は多いと思います

最初は最小ロットでメンタルに負担がないのが勝てる理由なんですが

そこから真面目な人は教科書を何冊も買い込み勉強しなおします

なぜなら今までの人生で教科書は絶対的に正しいものだったから


そこからあれ?自分のトレードって教科書とやり方が違うな

間違っていたのか。では教科書通りにやらなきゃ

でも教科書どおりにやっていくと何故か負け始めます

これはトレードの教科書は人間心理を考慮されてないのが原因です


でも教科書は正しいはずだからと勉強を辞めません

こうして延々と負け続けます

ちなみにBNFさんは株の入門書本一冊読んだだけでその後は一切読んでないそうです

独自性(性格にあった手法)がいかに大事かというのが分かりますね

関連記事:勝てる手法の作り方

感情的になりやすい(人間的)

感情的になりやすい人もトレードでは負けやすいです

最初は低ロットでトレードしているのに気がついたらムキになってナンピン

最終的に強制ロスカット

完璧主義(負けを認められない)

実生活で成果を上げている人は負けず嫌いで負けを認められない人が多いです

そのためポジションが逆行しても理由ばかり探して負けを認めようとしません

これまた結果的にナンピンを繰り返し強制ロスカット

ちなみに私は感情コントロールをするために日々瞑想をしています

瞑想 トレードで検索すると意外にも勝ってるトレーダーが瞑想を習慣にしているのが多いことが分かります

 

関連記事:なぜFXトレーダーは負け続けるのかメンタルに潜む自動思考の罠

まとめ

トレードで負け続ける人は頭が良すぎる人

社会的に成功している人

今までの成功体験は逆にデメリットになります

シンプルに考えましょう

【FX】頭の良さは関係ありません、むしろ頭の悪い人のほうが勝てるかも【勝てない】


それでは今日はこのへんで

フォロワーさん2000人超えました。
セシルのnote

詳細は画像をクリック↓