【FX】どんなに自信があるポジションも持ったとしても不安は発生します ジャーナリングで解決

FXメンタル

こんにちは セシル( @cesil_fx )です

FXどんなに自信があるポジションも持ったとしても不安は発生しますというテーマで書きます

ポジションを持った途端に不安になるんだけど

良くわかります それは脳の特性であり普通のことです
本日はその対策方法も含めて解説していきますね

人の脳は全ての判断決断を後悔する癖があるので
どれだけ自信のあるポジションだったとしても持った途端に不安になります
そういうものなのだと理解するだけでも心理状態はだいぶ違ってきます

どんなポジションでも持った途端に不安になる

どれだけチャート分析をしてインジケーターも駆使して抜群のポイントでエントリーしたとしても心は不安になるもの

そこには脳は全ての判断決断に後悔するという特性があるからなのです

逆行すればエントリーを間違えたとして不安になりますし

順調に含み益が出たとして利確、その後にぐんぐん伸びていけばやはり後悔してしまいます

この後悔が次のトレードに悪影響を及ぼします

前回は早めの利食いをして失敗した。

なので次は利食いせずに伸ばそう

そうすると今度はそこで反転し含み益が含み損になり損切り

やっぱり利食いしておけば良かったーと

このようにトレードは不安と後悔の連続なのです

不安と後悔は脳の特性と理解しよう

まずはこの不安と後悔というものは脳の特性なのだと理解するようにしましょう

これを理解するだけでも不安感は消えます

そもそも不安というのは未来のことに対処する為の本能

そのため不安の元が解消されないと頭の中でずっとぐるぐる反芻思考としてつきまとうものなのです

日常でも不安というのはつきまといますよね

これはなんとか不安の元を解決しようとして脳が臨戦態勢を取る行為で基本不安の原因がなくならないかぎり消えません

トレードで言えばポジションを解消する 手放すという行為がこの不安を解決する方法なのですがそれではトレードは成り立ちません

ポジションを保有しながらも不安を解消する必要があるのです



不安を解消するジャーナリングという技法

不安感が頭から離れない時にはジャーナリングという技法が効果的です

ジャーナリングとは頭に浮かぶことを紙に書き出すというシンプルな方法で書く瞑想とも言われています

頭の中から思考を抜き出してやることによって精神状態は安定します

具体的な内容としては

感じている不安な内容を紙に書き出します「下がるのではないか不安」

「エントリーポイントが間違っていたのではないか不安を感じている」

などとノートでもチラシの裏でも良いので思うがままに紙に書き出します

実際にやってみると効果はすぐに感じられると思います

頭の中がスッキリして不安感は消えていることでしょう

オススメ書籍↓

不安を消す前提は資金管理が出来ていること

不安を消す技法を習得したとしてもそれで全てが解決するのではありません

資金管理を無視したポジションを持っていれば不安がなくなること自体は逆効果でロスカットされ資金を失うだけです

資金管理がきちんと出来ているうえで不安がなくならないのであればジャーナリングは効果を発揮しますのでぜひお試しください

それでは今日はこのへんで

関連記事:Twitterで1000like超えた 簡単なFX資金管理表

関連記事:勝利を導く資金管理術

関連記事:【FX】お金の器の大きさは人によって違います 自分にあったトレードをしましょう

フォロワーさん1900人超えました。
セシルのnote

詳細は画像をクリック↓